〜世代をつなぐ、心をつなぐ〜

太極拳ゆったり体操

  • HOME »
  • 太極拳ゆったり体操

太極拳ゆったり体操について

・太極拳ゆったり体操作成の目的
やや虚弱な高齢者を対象として、身体機能の衰えを防ぐとともに、継続することで身体機能を回復させること、要介護・要支援にならないように介護予防を目的として作成しています。

・太極拳ゆったり体操作成の経過
太極拳は全身を無理なくバランスよく動かすことから、高齢者には最も適した運動のひとつであると言われています。
当市では、平成17年度から、独自の視点で有効な介護予防サービスを検討するべく、介護予防における太極拳の健康効果に着目し、福島県立医科大学、会津保健福祉事務所との協働で、特に、やや虚弱な高齢者に焦点を当てた「太極拳の要素を取り入れた体操」の作成に着手し段階的に検証を進め、平成19年度に「太極拳ゆったり体操」として完成しました。

・太極拳ゆったり体操の効果検証の結果
バランス機能の向上に効果があります。下肢筋力を中心とした全身の筋力アップに効果があります。

・太極拳ゆったり体操の特徴
自宅でも、一人でも、安全に、気軽にできる・・・それが太極拳ゆったり体操の特徴です。
太極拳ゆったり体操は、座って行うことも、立って行うこともできて、自分の体力に合わせて行うことができます。
<座位>
太極拳の特徴である開合動作と、椅子に座って骨盤を前後に倒す動作を組み合わせて行います。骨盤や背骨を動かすことで、付随する筋肉を動かしています。また、椅子に座って足を曲げ伸ばしするなど、座ったままでの下肢の筋力アップにも配慮しています。
<立位>
太極拳の特徴である開合の動作と、腰を落とし足指で地面を踏みしめながら立ち上がる動作を組み合わせて行います。立位の場合も、常に椅子などの支えになるものを前に置いて、無理のない範囲で安全えるよう配慮しています。

太極拳ゆったり体操の内容

・太極拳ゆったり体操1(入門編)
高齢の方に合わせた動きを拾い出し、太極拳の動きをプラスして作成した、ウォーミングアップ的な入門編です。
ゆっくりと体を動かしながら、内部の筋肉に働きかけ、さらに表面の筋肉等をストレッチします。
1 準備動作 2 基本動作 3 鉤手の動作
4 肩甲骨を合わせる動作 5 前傾する動作 6 脇腹を伸ばす動作
7 拳を打ち出す動作 8 股関節を開く動作 9 踵を蹴りだす動作
10 立ち上がる動作 11 基本動作 12 深呼吸
・太極拳ゆったり体操2(ステップアップ編)
太極拳、太極養生功の動きを、高齢の方に合わせた動きにアレンジして作成しています。
入門編よりも太極拳の要素が多く盛り込まれています。
1 準備動作 2 基本動作 3 手をクロスして下ろす動作
4 手を分け開く動作 5 鳥になる動作 6 膝を持ち上げる動作
7 踵を蹴りだす動作 8 深呼吸
・太極拳ゆったり体操 短縮版
太極拳ゆったり体操は全部で4種類の体操があります。ひとりでも簡単に体操が行えるように、座位、立位の中から7動作ずつ選びだし、短縮版を作成しました。毎日の生活に気軽に取り入れて、習慣にしましょう。

■お問い合わせ先
江戸川区武術太極拳連盟事務局
こちらをクリック

お問い合わせ TEL 03-5879-3891

PAGETOP
Copyright © 江戸川区武術太極拳連盟 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.